close

Vol.4

BACKNUMBER >>

本当に『耳よりな話』
耳から癒やされる「イヤーフック」

佐藤 貴則(42期 東弁)

 今年の1月も終わりの頃、家族づきあいのおじさん仲間と、その内の1人が所有する神奈川県三浦市の別荘に遊びに行った時の話。おじさん数名がうらうらと冬の日が差すテラスから、鈍色の海を見ていたところへ、仲間の歯科医が遅れてやってきたのだが、ほんの2か月前に会ったのに、やけに痩せており、両耳にはかなり目立つ補聴器の様なものまで付けている。それまで、耳が悪いと聞いたことはなかったし、何か悪い病気でもと思って聞くに聞けないでいたところ、しばらくして不躾な仲間がようやく「耳のそれは何だ。」と聞き質した。すると、すぐに耳から外して差し出されたのがこの品物。
 聞いて見れば、歯科医の友人の整形外科医が、耳のツボを利用して眼精疲労や肩こりの磁気治療用に開発した健康グッヅで、歯科医も顎関節症の患者に渡して試してもらったところ、かなり有意に症状改善があったとのことであった。歯科医が言うには、それ以上に驚いたのはこれを渡した患者が次々に痩せていくこと、自分も試してみたところ、このとおり、と自分の腹を指さす。確かに、最初の印象のとおり、腹はへっこんでるし、全体的にスレンダーになっていた。「悪い病気か何かだと思ったよ。」と声をかけたが、本人はいたってうれしそうに、「いやいや、こいつのおかげだと思いますよ。最初は半信半疑で、どうせ眉唾物だろうと思っていたんだけど、積極的に付けてみたらこのおとりでした。」との賜る。10年来の付き合いで誠実を絵に描いたような性格の歯医者が言うことだし、そこに居たおじさん達はすぐに「どこで買えるんだ。」などと詰め寄ったところ、そこは古い仲間の話、ちゃんと人数分を用意して持ってきていた。色は7色、めいめいがそれぞれ好きな色をとり、早速耳の後ろへ。傍目にもおかしなおじさんの集団のできあがりで、酒の肴にはもってこい。その日の宴会が盛り上がったのは言うまでもない。


 さて、私と言えば、もらったのは黄色の品。みごとに出っ張った腹を見ながら、さて効果のほどはと付け始めたものの、この色はやけに目立つ。はてさて外出はと考えてはみたが、そもそも今の風貌ではどうせまっとうな弁護士などと思う者もいないだろうし、宣伝もかねて、その日から毎日装着し外出。

依頼者と会うのも弁護士会の会議にも付けたまま対応することにした。但し、さすがに法廷だけは度胸がなく外して出頭。自分の小心にちょっと情けなさが残るがこれは仕方ない。すると、痩せるよりも前におもしろい現象が。会った相手の性格がよくわかる。これだけ目立つものなので気にならないわけがないのに、全く気づかない者、気づいたんだが私の最初の反応と同様声をかけていいものやらどうやらと目が泳ぎ結局は何も聞かない者、おずおずと訪ねてくる者、これには2パターンあり、それは何ですかとストレートに聞く者、素敵な眼鏡の蔓ですねなどと自分の認識を述べる者、そして一番性格を反映していたのが、何の迷いもなく不躾にそれは何だと聞く者。期せずして自分の相手に対する印象と相手の反応の比較をすることになり、おもしろい体験だった。


 では、本来の効能はと言えば、これは効果覿面。1月末から5月末までの4か月で5kgほど減量に成功。最初はそうでもなかったが、2か月目くらいから何となく体重減が実感できるようになった。但し、どこぞの霊感商法まがいに、信じる者は救われる、という簡単なものでもなさそうだ。付け始めて何がどう変わるかを色々試してみたが、結論的には無意識に食生活が変わっているようだ。まず、味覚が少しだけ変化する。一番分かるのはビールで、心なしか味が濃くなる。そのせいで、量を飲まなくなった。次に、付けていると余り空腹を感じないし、空腹になってから食事をすると従来より少ない量で満腹になる。ただ、食欲がなくなるということではない。食事の時間になればちゃんと腹は減るので食事は旨く食べられる。そのせいで、腹が減ってから食事をするという生活になってきた。どうも耳の裏にある食欲中枢のツボに影響しているらしいが、科学的に説明できるものかどうかは全く分からない。その意味で言えば、やはり、「信じる者は救われる。」の類いの物なのかも知れない。
 まあ、いずれにしても信じてみようという酔狂者がいらっしゃれば、現在はAmazonかyahooで買える様になったらしいので試してみられたらいかがか。1セット3,000円だそうだから、びっくりするほどの値段でもないし。
 蛇足だが、最初にもらったおじさんの中で、眼精疲労にすごく効いたという者がいたので、本来の効用もあるようだ。まあ、人によるんだろうな。
 なお、効かなくても笑ってご容赦。くれぐれも、協同組合の責任ではありません。

data

イヤーフック

目 的:
リラクゼーションギア
製造元:
EARHOOK株式会社
http://www.earhook.jp/
イメージ4